婦人科形成研究会とは|【公式】婦人科形成研究会

About
婦人科形成研究会とは

イメージ

 女性は生涯を通じて身体に様々な変化が訪れます。これに伴い生理痛や皮膚炎、外陰部外観の悩み、妊娠・出産に伴う尿漏れや外性器の変形、更年期・閉経後の性交痛や痒みなどが問題になります。これまで日本では婦人科形成・美容に関して、ほとんど議論されてきませんでした。女性器の外観や機能の悩みに関しては、「触れてはいけないもの」「我慢するべきもの」とされてきた歴史がありますが、近年、これらの変化をより快適に前向きに過ごすためのケアや医療への関心が高まっています。

 婦人科形成・美容は「女性外陰部の機能改善や外観を整える医療」で、2000年代になって注目されはじめた比較的新しい分野です。国際的な動向としては、2016年には第1回ヨーロッパ婦人科形成外科学会、2018年には第1回国際婦人科美容形成・性科学会が開催され、活発に学術的な検証や議論がなされるとともに、ますます注目が高まっています。このように女性のウェルネスが注目され、外陰部のケアや婦人科形成・美容の国際的なニーズが高まる中で、日本国内でもVIO脱毛をはじめ、婦人科美容・形成術の希望者は年々増加しています。

 婦人科形成研究会では、これまであまり議論されてこなかった婦人科形成・美容領域の情報を共有・発信し、議論の場を提供することで学術の発展に寄与していきたいと考えています。婦人科形成・美容領域にご興味がある皆様、是非ご入会をご検討下さい。